ホームFAQお申込の流れご利用案内English
パスワードを忘れた方はこちら
予約リストを見る     予約申込み
    ホーム » お知らせ » ホーミーによる日本の歌コンテストが開催されました
 
カテゴリーから探す:

ホーミーによる日本の歌コンテストが開催されました
2013 年 08 月 09 日 17:24
 

 

ホーミーによる日本の歌コンテストが開催されました

 

  8日、モンゴル国立フィルハーモニーにて「ホーミーによる日本の歌コンテスト」が開催されました。本事業を主催したのは一般財団邦人 遠藤実歌謡音楽振興財団であり、昨年実施された「日・モンゴル外交関係樹立40周年記念行事 子どもたちによる日本の歌コンテスト」に引き続くモンゴルでの事業開催となりました。また、「馬頭琴振興ツェンディーン・バトチョローン基金」及びモンゴル国立フィルハーモニーが共催しました。

 大会には18名のホーミー奏者が参加し、課題曲である「北国の春」と自由曲1曲をホーミーにて奏でました。自由曲には、「赤とんぼ」や「七夕」などの童謡の他、「涙そうそう」「川の流れのように」「もののけ姫」など、バラエティに富んだ選曲がみられた点が特徴的でした。

 審査の結果、優勝はミャグマルジャブ・サロールトゥグスさん(「エルデネト」歌舞団ホーミー奏者)となりました。以下、入賞者・表彰者をご紹介します(敬称略、カッコ内は所属)。

      1位:M.サロールトゥグス(「エルデネト」歌舞団) 
2位:O.チョローンバータル(国立歌舞団) 
3位:Ts.ツォグトゲレル(国立歌舞団) 
4位:A.オンダルマー(国立歌舞団) 
5位:Kh.ダムディン(「トゥメン・エヘ」歌舞団)  
特別賞:Ch.バータルスレン(ホブド県音楽ドラマ劇場) 
審査委員長特別賞:B.チンバト(モンゴル国立文化芸術大学3年) 
同上:Ch.アルタンゲレル(ホブド県チャンドマニ郡遊牧民)

 なお、本コンテストの模様は後日、民放のntvが特別番組として放送する予定です。

 ホーミーは2010年にユネスコの世界無形文化遺産に登録されるなど、モンゴルの伝統文化として広く世界に知られております。本コンテストの実施により、日本の歌の素晴らしさを、ホーミーを通じモンゴルの方にお伝えすることができました。また、本コンテストを機に、ホーミー文化のより一層の発展が期待されます。

 

(在モンゴル日本国大使館)

 
お知らせ一覧に戻る

最新のお知らせ
白鵬優勝、4場所連続27度目 (2013-10-01)
モンゴルの高校生50人が日本を訪問します。 (2013-06-29)
大関日馬富士が第70代横綱昇進を正式に決めた。 (2012-09-27)
モンゴル、2011年の出来事トップ10 (2012-01-10)
モンゴルのセルオド選手がアジアで上位を占める日本のマラソン大会で優勝した (2010-12-24)
日本がモンゴルに人口衛星を販売した (2011-01-03)
初雪 (2010-10-20)
モンゴル民族相撲大会がブリヤード共和国で (2010-05-27)
中国人観光客の数は全体の70% (2010-05-26)
モスクワで国際観光休暇展モンゴル国が紹介される (2010-05-26)