ホームFAQお申込の流れご利用案内English
パスワードを忘れた方はこちら
予約リストを見る     予約申込み
    ホーム » お知らせ » ダルハンオールで太陽が三重に見える現象
 
カテゴリーから探す:

ダルハンオールで太陽が三重に見える現象
2010 年 01 月 22 日 10:12
 
 

8日、ダルハンオール、セレンゲ両県で太陽が三重に見える現象が起こった。太陽に光の環ができ、この環の両側に太陽が出ているように見えた。さらにその周辺には虹がかかっていた。
真ん中に大きな太陽、その両側に小さな太陽が見え、太陽に耳があるように見えることから、お年寄りは 「太陽に耳ができる」 と描写して、ゾド (雪害・冷害) になる兆しだと言われてきた。専門家の説明によると、雨の水滴が日光に反射して虹がかかるのと同様、日光が雪に反射して虹がかかったように見えるのだという。これについて天文学・地球物理学研究所のバトムンフ研究員に聞いたところ 「冬にも虹がかかる現象は発生しますが、非常に稀です。そのほか太陽の環に沿って太陽の様々な形が見えます。これは特別な自然現象の始まりか終わりかの兆しである可能性があります。」と答えた。

 
お知らせ一覧に戻る

最新のお知らせ
白鵬優勝、4場所連続27度目 (2013-10-01)
ホーミーによる日本の歌コンテストが開催されました (2013-08-09)
モンゴルの高校生50人が日本を訪問します。 (2013-06-29)
大関日馬富士が第70代横綱昇進を正式に決めた。 (2012-09-27)
モンゴル、2011年の出来事トップ10 (2012-01-10)
モンゴルのセルオド選手がアジアで上位を占める日本のマラソン大会で優勝した (2010-12-24)
日本がモンゴルに人口衛星を販売した (2011-01-03)
初雪 (2010-10-20)
モンゴル民族相撲大会がブリヤード共和国で (2010-05-27)
中国人観光客の数は全体の70% (2010-05-26)