ホームFAQお申込の流れご利用案内English
パスワードを忘れた方はこちら
予約リストを見る     予約申込み
    ホーム
 
モンゴルの歴史
モンゴル基本情報
モンゴルの地理と気候
モンゴルの文化と習慣
遊牧民の生活
UB市内レストラン
The Cafe in UB市
モンゴル郷土料理
主な観光スポット
ウランバートル市内観光
夏のお祭り NAADAM
モンゴルのお土産
モンゴル旅の準備
モンゴルの通貨
ツーリストキャンプとは
旅のモンゴル語

 

モンゴル最大のお祭りナーダム祭

モンゴルナーダム

「ナーダム」とは祭を意味します。国のナーダム祭は毎年7月11日の革命記念日から3日間開催されます。競馬、相撲、弓の競技が行われます。モンゴルの相 撲には土俵がなく、また時間制限もないです。勝敗は膝または背中などが地面についたら負けとなります。手をついても負けになりません。例年、相撲の優勝者 が決まるまでにはかなりの時間がかかっています。相撲は男性、大人が参加できます。弓は男女、大人子供が参加し、男性は 75m、女性は60mの距離から的を狙います。競馬は距離が長く草原を走ってくるので、ゴール付近で観戦します。ナーダム祭で優勝した馬は国の威勢を象徴すると考えられており、非常に名誉な馬となります。優勝馬とともにその調教師も褒め称えられます。ナーダム際の旅行を是非ともお勧めします。
モンゴル相撲

モ ンゴル相撲には土俵はなく、手の平が地面につけても負けにはなりません。国のナーダムには512人の力士が参加し、トーナメント形式で勝敗を争います。一 度に16組が取り組みをします。力士は東西に分かれて自分の介添えと一緒に並び、腿を平手で打って気合を入れると、介添えに帽子を取ってもらい、ハヤブサ などが舞い降りる仕草で、取り組みに入ります。
相撲の技は、組み合わずに瞬間的に足などをかけて相手を倒す技、相手の衣裳をつかんでかける技、深く組んでかける技など、技の数は複合技を入れると520 種類もあります。勝敗がつくと、敗者はチョッキの腹の紐を解いて、勝者の右脇に下を右回りにくぐり、敗北を認めます。相手より下位の勝者は、負けた上位の 力士を敬って、その脇の下くぐます。勝者は帽子をかぶり国旗も回りを右に回りに回って戻ります。
モンゴル競馬

モ ンゴル競馬の大きな特徴は、騎手が6歳から12歳くらいの子供(男女)ということです。これは馬の負担を軽くするためでもあるが、遊牧民が幼いときからい かに乗馬に長けているかも示しています。走る距離は馬の年齢によって7つに分けます。6歳馬以上は30km、5歳馬は28km、4歳馬は25km、3歳馬 は20km、2歳馬は15km、種馬は28km、または側対歩の馬は10kmを走ります。参加する馬の総数は最低でも1500頭、大ナーダムでは数万頭に および馬が参加することもあります。
モンゴル弓射

匈奴や鮮卑などモンゴル高原の牧畜民の間では、古くから遠距離用の武器として弓矢が用いられてきました。

チンギス ハーンの世界制覇にも、馬上の弓射の威力が大きな役割を果たしました。チンギスは、兵の敏捷性を養うため、人間と戦わぬときは動物と戦えと命令し、狩猟を 将励 しました。彼自身も幼児から弓射の練習をしている。当時の弓は柳の合板で長さ1.2m~1.6m、500m以上遠く敵を射殺すことができました。矢は1m 前後、鏃(やじり)は銅・鉄・骨製で、毒矢もあったそうです。

清の支配下ではモンゴルの弓射は部分的に禁止されたが、現代モンゴルではスポーツとして行わ れ、男の3つの遊びナーダムの1つに数えられています。男性は 75m、女性は60mの距離から積み上げられた的(ソル)を崩す競技で、優勝者の称号「メルゲン」は、古くから名射手に与えられ、賢者の意味もあります。

ナーダム祭開会式の様子

「ナー ダムとは日本語に直訳すると『あそび』という意味です。“ナーダム祭”の起源は、チンギスハーンがまだモンゴルを統一する前の話までさかのぼり、チンギス ハーンが兵隊にゲーム『あそび』感覚で3つの競技を競わせ、兵隊の戦闘能力の適正を見極めるために、考案されたものといわれています。競技のひとつモンゴ ル相撲の得意な者は、接近戦に備える特攻隊に配属。競馬が得意な者は、情報を即座に伝えるべく、早馬をつかった通信部隊に配属。チンギスハーンは、この通 信部隊によってあらゆる情報を入手し、戦略を練ったようです。各ポイントに゙駅゙を置き、駅伝方式で次々と情報を伝達します。この伝達の仕方は世界ではじ めてチンギスハーンが使った方法といわれています。駅から駅の距離は30キロです。ナーダム祭の競馬も一番長く走る距離は30キロと定められています。 馬+尺(馬の距離)=駅。さだかではありませんが駅という漢字はこのことが由来となってできたのかもしれません。では最後に、弓の得意な者は?もうおわか りですね・・・。

ナーダム祭の由来